GDOお得情報:
プロフィール
2008年05月05日(月)

Kリーグ

今日は前回ブログで登場した阪東ヒーローのトレーナーを引き受けた須田達志さん
の事を書いちゃいます。
普段はワンちゃん同士も結婚した家族ぐるみの付き合いで、
達ちゃん、アネゴと呼びあっているので以下は「達ちゃん」でいきますね     

小さい頃から武道をやっていて極真は黒帯、陸上自衛隊習志野第一空挺団も経験
20歳でキックボクシングを始め、23歳で日本チャンピオンとなった男なんだけど、
根性が半端じゃなく、自衛隊でもトレーニングが足りないと荷物を更に重くしたり、
タイやオランダでの武者修行でも気絶する日を決めていた・・・
どういうことかというと・・トレーニング中、苦しすぎると普通は限界を感じやめるのだけど、
それを通り過ぎて本当に気絶するまでやる、そしてバケツで水をかけられて起きる  
又、どんなに打たれても倒れなかった。    
根性あり過ぎでドクターストップで引退したんだからビックリ
今は数多くの日本チャンピオン・世界チャンピオンを輩出する敏腕トレーナー

そして団体や流派、国や民族の垣根を超えて、世界の子供達が魂をぶつけ合う
異文化交流のできる格闘技大会をしたい、お互いが、闘いの中で痛みを知り、
相手に優しくなれて平和を願う世界観を養ってもらいたい、
世界中にそれを拡げ、それぞれの国のリーダー達に、何かを感じて欲しいという想いで
NPO法人Kリーグインターナショナルも設立して魂を賭けて大会を開催している。

その活動に共感して応援している方の言葉も含蓄があるので抜粋してご紹介します。

「子供たちが親を殺したり、反対に親がわが子の命を奪うなどというとんでもない事件
があったり、自らの命を絶つ自殺者が年間3万人を超えます。
戦後の苦しく貧しい時代でも、こんなに多くはありませんでした。
これは日本が豊かになる一方で、間違いなく何かを失ったということです。
その一つが「本気」であると私は考えています。
どんなに貧しくても、家族のために本気で生きていたのが昔の父親・母親です。
その姿 を見て、子供は親を尊敬し、親のありがたさが自然と心にしみたのです。
 私の父は明治生まれ、母は大正生まれですが、父が私たち子供の前で、
「仕事が大変だ」とか「今日疲れた」 などと言ったことは一度もありません。   
本気で生きている人間は輝いています。
本気で生きるたくましさを身につけてもらいたい」(西田文郎)

NPO法人アジアチャイルドサポート代表理事 池間哲郎さん
「15年以上にわたり、モンゴル、カンボジア、ミャンマー、タイなど貧しさの中でも
懸命に生きている子どもたちの支援を続けている。    
フィリピンのゴミ捨て場で暮らしている少女に「あなたの夢は何ですか」と聞くと、
「私の夢は大人になるまで生きること」と答えました。    
カンボジアのゴミ捨て場に暮らしている少年は
「一回で良いからお腹いっぱいご飯を食べてみたい」と言いました。     
 タイの売春婦として売られて行く山岳民族の少女は
「お父さん、お母さんのためだから仕方が無いの」と悲しい運命を受け入れていました。
ミャンマーの少年は「勉強がしたい」と泣いていました。
しかし、彼らは、どんなに辛く悲しくても決して笑顔を失うことなく
一生懸命に 生きていました。
これまで日本全国1000校近くの学校を回り、40万人近くの
子どもたちと触れ合ってきた結果、日本の子どもたちは豊かさの中で
人間として大切な心を失ってしまったのではなかろうか。
世界で最も「生きる力が弱い子ども」と感じています。
食べ物を粗末に扱い、親が子どものことをやってあげることは
当たり前だと思っている子どもたちは、親に対する感謝さえもありません。
生きていけることは当然だと思う子どもたちは、命が尊いことさえ知りません。
だからこそアジアの貧しくとも一生懸命に生きている子どもたちのことを、
日本の子どもたちに伝えています。須田氏と初めてお会いした時、
彼の真剣なまなざし、そして生き方に感動しました。
直球一本やりの彼の生き方と子どもたちに対する姿勢は真剣そのものです。
だからこそKリーグで戦う子どもたちは真剣です。
どんな相手に対しても全力でぶつかることが出来るのです。
日本の子どもたちに対し「強い心、強い体」を育成する須田氏の活動に
対して心から敬意を表します。」


弱い人には気〜使っちゃうけど強い達ちゃんとは本気で喧嘩も出来て楽で楽しい



では、Kリーグの模様を・・・

子供たちはリングに上がると一人、

急にきりっとして果敢に闘ってました。

かわいいし、感動します

たくましく育つぞ〜














途中、阪東ヒーローが現われて、

「よく頑張ったね」と・・・・・

子供にも優しいヒーロー君

でした・・















ヒーローが来た この窓の外から

私たちはリオンと子供達を応援

してました














すると・・いつのまにか

子供達が集まって来て

リオンもうれしそう

たぶん体重はリオンの

半分くらいに子達











ついには女の子に

すっかり甘えて

ひざ枕

そのうちに寝ちゃいました

微笑ましい




2008年02月27日(水)

強運の法則

このコーナーでは、出会ったことで人生の転機となった恩師

私の大好きな人間的に魅力的な方々をご紹介していきます

随時、順不同で掲載いたしますので、楽しみにしてください

私はアメリカツアー帰国直後から腰痛に悩まされていました

練習も、ろくに出来ず、徐々にごまかしも・・・きかなくなり失敗が大きくなり回数も増えていきました。

気がついたら、すっかりバーンアウト状態でしたそれでも、なんとか

脱出したい気持ちで、もがき苦しんでいた頃に、でかたずけをしていたら、捨てても捨てても

またゴミ箱から拾ってしまうチラシがありました。

それは能力開発を手がけている株式会社サンリというところでした

思い立ったらすぐ動かないと、気が済まない私は速攻で行きました。1999年でした。

目からウロコで、現実と直近の過去や目の前のことに振り回されて 

何故ゴルフを始めたのか&夢
をスッカリ忘れていた事に気がつかされました。

又、他に大き〜い悩みも抱えていましたが、状況は何も変わらないのに小さい事のように思えるようになりました            

それ以来、ご指導を受け、予選からツアーに復帰し、シードを獲り戻し、

2002年には2勝でき、2004年にはベストスコアを2打更新の63が出ました。   

腰痛も別の悩みも大きく変化はないのに起きてくる出来事幸福感が雲泥の差になりました。

プライベートもです まさにが良くなっちゃっている状態です 

 そこで『強運の法則』出版記念セミナー後のパーティーのもようの画像を 

 セミナーの内容も濃いのですが、出席者が又素晴らしい

業種は様々ですが信念、想いがかっこよく

ご紹介したい方が沢山です。   このメンバーで会社を作ったら凄いんじゃないかと常々思う

社名は「夢無限」と勝手に決めてる妄想千尋 

同じ事を言っちゃったのが、元ヒカルゲンジの山本淳一さんで、「やっぱり、そう思うよね〜!」

と笑いました    彼とは実際に会って話をしてとても前向きなチャレンジャーでスッカリ意気投合しちゃってからのお友達ですが、  

ゴルフの生徒さんでもあります 

とはいってもまだレッスンは、まだ1回ですが、、

天性の能力素直さでグングンのびて、

始めたばかりで140くらいだったらしいスコアが、

100をきりそうな勢いです

2年以内にシングルになってしまうと思われます


で、『地球はともだち〜エコラップ』という

天才小学生ラッパー小島あやめチャンとのデュエット初プロデュースしています    

ダウンロードして、只今、私の着信音です。 

 そして今日は山本さんお誕生日で〜す   おめでと〜

そして写真の中央がウワサ西田先生です。

そんなこんなでアメリカに行ったあたりまでは、元々ポジティブだった私が

挫折
のおかげで、素晴らしい出会いに巡り合い

3段階位バージョンアップした感じです

死ぬ時にピークを目指す私としてまだまだだけど、面白いですね人生って
PR (詳細)


2008年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
http://blog.golfdigest.co.jp/user/chihironakajima/index1_0.rdf
URL送信







このブログサービスは「ゴルファーズブログ」で運営しています。
GDOクラブ会員なら無料でご利用いただけます。