GDOお得情報:
2009年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

1Wのリアルロフト・・・?

2009年08月10日(月)
昨日、博多のだんなブログを訪問すると

雑誌に書いてあった、“ヘッドスピードとリアルロフト”

の関係について云々されていましたね〜

また、それについて他の方々からコメント

書かれておりました

ドライバーロフトには・・・

昔からのソール基準で測る物(オリジナルロフト)と、

シャフトセンター軸を基準としてフェース角スクェアー(0度)

と、して測定するリアルロフトが有ります。

シャフト軸線を基準として測定することが・・・

「日本ゴルフ用品協会」発行の“統一用語集の定義”

基づいた測定方法になります

はたして、皆さんが云々されているロフトとは、

メーカーの表示ロフトのままを言われているのか

それとも、正式に正しい測定法で測定したロフトなのか

それによると、間違って認識されているほうが

おやじは、多いような気がするのですが・・・

おやじが今まで測定したリアルロフト

中々、有っているのは少なかったと思いますが

ショップでは、購入されたクラブをお客さんに、

どんな渡され方をしておられるのでしょうかね〜

一本・一本バラツキが結構あるように感じますが、

それをそのまま持って帰られると・・・

何となく、見たものと・友達のとは・なんてことも・・・

まずは、皆さんの持たれているクラブ実態

確認されて議論をされてみては如何でしょうか

その為には、シャフト軸線測定出来る所が良いですよ


フックフェースになっていると、スクェアー(フェース角0)に打つ場合は
ロフトは大きくなります。
スライスの場合は逆に少なくなります。

これらを、見極めてシャフトの装着も工房さんの技術かも・・・

只、価格:ブランド:測定器によるフィッティング・・・・当等の要素が

しかし、最終的には信頼出来ると、言うことが

と、思う今日この頃で〜す。
PR (詳細)
Posted by 岩瀬豊一 at 05:52  / この記事の詳細
 / この記事を編集  / コメント(10)

この記事の詳細

コメントする


名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク
 

コメント

ヨッシーさん、
気持ち・・・だけは何とかそう思っていますが・・・
変わり者なので・・・あきませんわ
Posted by:岩瀬豊一 at 2009年08月11日(火) 06:15

コメント

深いですね・・・機会があれば是非伺います
Posted by:ヨッシー at 2009年08月10日(月) 21:12

コメント

ヨッシーさん、
先日ごく親しい人から、シャフトは有るからこのヘッドを
幾らで、つけてくれるのかと聞かれました。
その価格を言ったら高いと言われたので、じゃ売らないと、
つい、答えてしまいました。
よく聞くと、それは自分で使うのではなく他人にやろうと
思ってたみたいでした。
おやじの返事は間違ってました
知らない人のクラブを只、作るのは責任がもてないし、
どうやって作っていいのか解らないのでお断りをします。
と、言うべきでした。
また、何時も来て親しくしていても、クラブに関してこの程度しか思ってくれてなかったと思うと・・・このおやじもまだまだ
ですね〜



Posted by:岩瀬豊一 at 2009年08月10日(月) 15:53

コメント

非常に興味深いブログですね。良い工房の見分け方なども出来れば・・・・仕事の速さもありがたいのですが・・・1週間待ちのシャフト交換もしびれますし・・・
Posted by:ヨッシー at 2009年08月10日(月) 15:14

コメント

TOSHIさん、
日頃から気を使ってますから・・・ハィ
Posted by:岩瀬豊一 at 2009年08月10日(月) 12:16

コメント

試打会で打った時は良かったのに・・・・なんて話はよく聞くもんねぇ
師匠に知り合えて良かったなぁ・・・・
別に気を遣わなくていいよ
Posted by:TOSHI@晩酌禁酒中 at 2009年08月10日(月) 11:11

コメント

Dsubさん
スイングの特徴によっては、インパクト時にロフトが立ち易い人と、反対の人、開く、閉じるとか色々なケースがありますので
適正なロフトを探すのは色々ですね〜
只、今のクラブがシャフト軸線で飛行方向に直角に合わせると
何度になのかと言うリアルロフトを知ることは、
今後のためにも大事なことと思います。
Posted by:岩瀬豊一 at 2009年08月10日(月) 10:53

コメント

みずおさん、
いつもお世話になります

ウッドの場合はヘッド自体又ソール形状も色々で
フェースもラウンドしたりしていますので測定することが
結構難しく、工房により独自のやり方もってやって
居られるところが多いと思いますが・・・
リアルロフトの場合はシャフト軸線と言う明確な基準が
ありますので、まずはその測定器が必要となるでしょう
Posted by:岩瀬豊一 at 2009年08月10日(月) 10:34

コメント

リアルロフトは確かに工房さんの課題でしょうね。
特にシャフトの特性とスイング加速度などでも
インパクト時のリアルロフトは人により大きく違うようです。

ですからおっしゃるように
信頼できる、⇒これが基本でしょうね。
Posted by:Dsub at 2009年08月10日(月) 10:24

コメント

仰るとおりですね。信頼できる方に出.会えて良かったと思います^^

やっとクラブが馴染んできました♪
Posted by:みずお at 2009年08月10日(月) 09:29
http://blog.golfdigest.co.jp/user/greenball/index1_0.rdf
ブログのURL送信
このブログサービスは「ゴルファーズブログ」で運営しています。
GDOクラブ会員なら無料でご利用いただけます。