GDOお得情報:
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

SB−01

2009年11月03日(火)
先日、クラブが届きました。ミウライズム SB−01です。サテンミラー仕上げでMiuraismは色抜きです。

マッスルバック部分を厚めにしてもらい、丸みをつけてもらいました。






















私は昔からヘッドの効いたクラブが好きではないため、出来る限りネックよりに重心を持ってきてもらっています。

シャフトはDG−R300、グリップはゴルフプライドのベルベットラバーです。





























三浦技研のHPから拝借したSB−01です。
バックフェースの印象が全然違います。






















現在のエースであるNIKE VR FORGEDとの2ショットです。
上がミウラ、下がナイキです。
フェース長はミウラのほうが短いですが、それほど違和感はありません。

フィッティングをして自分仕様になっているからでしょうか。




























ボールをおいて撮影してみました。
フェースはボール2個分あるかないか。トップブレードもいまどきのアイアンと比べると薄いと思います。

ただ、ホンマのPP−737を長年使用していたので、難しさは感じません。

打ってみると非常に打感は良いです。バックフェースを厚くしてもらっているため、ボールも楽に上がり、かつ強い弾道で飛んでいきます。

三浦技研のアイアンを何度か試打する機会がありましたが、共通して

  打感が硬い!

というのが第一印象で、私は買うことがないだろうと思っていました。

ましてやミウライズムなんて! 無理!! と初めから眼中にありませんでした。

しかし、全く違いました。


今回、不安だらけのフィッティングでしたが、三浦技研の皆さん、私のわがままを聞いて頂き削っていただいた三浦社長、そして、長年クラブをお任せしており、今回の場をセッティングしていただいたバウンスの遠藤さんに感謝です。


最近のマッスルバックはすごいです。私は、最近のハーフキャビティーの方が難しいと思います。

実際、ナイキを買うときもセミキャビティーにしようと思っていたのですが、私には打てませんでした。ミウラの1006もそうです。

タイトリストもマッスルバックのほうが球もあがるし、打感も良かったです。

最近のマッスルバックは球があがるんですよね。逆にプロだと上がりすぎるのが嫌でCBを使用する場合もあるようですね。

見た目難しいからと候補から外さずに、マッスルバックも試して頂きたいと思います。
PR (詳細)
Posted by LED at 23:13  / ゴルフギア  / この記事の詳細
 / この記事を編集

この記事の詳細

ネットワーク (0)
リンク集
http://blog.golfdigest.co.jp/user/led/index1_0.rdf
ブログのURL送信
このブログサービスは「ゴルファーズブログ」で運営しています。
GDOクラブ会員なら無料でご利用いただけます。