GDOお得情報:
2006年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
人気blogランキングへ有賀園ゴルフネット http://www.doramix.com/rank/ http://blog.golfdigest.co.jp/user/mio3636/index1_0.rdf

ダウンスイングでの左足の伸びあがりについて・・
【2006年07月30日(日)】

 弾さんの 質問 

ダウンスイングでの左足の伸び上がりは いけない事なのか?
どうして いけないのか?  

と言う 質問です 

まず どれくらいの感じで 伸び上がるのか わからないのですが・・
想像の範囲で 勝手に考えてみたいとおもいます。

ダウンでの 左足は ・・・・・

まず ダウンスイングは 右に移った 重心を 左に戻す事から 始まります。
左に重心が戻り始めると クラブが引き戻されて インパクトにむかいます。

テークバックの 重心移動についてですが・・
テークバック・・ 右から左に 重心が 移動します。
ダウンスイング・・・右に乗った重心が 左に戻ります。

そして インパクトです
ここで 左 膝が伸びたら・・ 
アドレス時より 膝が伸びると 体が 起きてしまうので ボールと クラブの距離が変わります。 アドレス時より 伸びると クラブが ボールの 上方を通りますので そうすると トップボールが出やすくなります。

あまりに 伸びすぎると 1度左に乗った重心が 右にまた 逆戻りしてしまうので  すくい打ちになり ボールが上がらなくなったり ダフッたりします。 うまく うてても クラブのロフトが開くので 距離が出なくなります。

左膝が伸びるという事は それだけ 体全体に力が入ってしまってますので 体が伸びてしまうと 体の回転が 出来なくなります。(膝 腰が伸びては回転できません。)

では それを直す為には どうするか?

ダウンスイングと インパクトでは 蹴り上げる力が飛ばしにつながりますので 蹴る動きは あるのです・・  が プロや うまい人は 蹴った時に 下半身が伸び上がらないように 足首や 膝で 伸び上がらないように 我慢してクラブを振りぬいています。

我慢  粘る という感じです。


ダウンスイングでは 重心移動を 一度に 一気に乗せてしまわずに 少しづつ 部分的に足の裏 足首 膝という順番で 重心を移動させながら 左に 左足全体も部分的に回転していかなくてはなりません。

その 順番を守らないと 効率のいいショットは 打てないので 最初は力を抜いて足首 膝 腰を 伸ばさないようにしながら 膝を開かないように気をつけて 腰を左に回転させる 動きを 繰り返し 練習してください。
ボールは 打たなくてもいいので 繰り返し動かす事で 回転と 重心移動がわかるようになります。

これは かなり難しい動きなのですが 頑張って毎日試してくださいね。

この動きがわかるまでに 私は 13年かかりましたよ。
PR (詳細)
この記事の詳細
http://blog.golfdigest.co.jp/user/mio3636/archive/68
トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://blog.golfdigest.co.jp/user/mio3636/tb_ping/68
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク

コメント
ネットワーク (25)
リンク集
ブログランキング
ブログのURL送信
にほんブログ村 ゴルフブログへ






このブログサービスは「ゴルファーズブログ」で運営しています。
GDOクラブ会員なら無料でご利用いただけます。