2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
ネットワーク (0)
リンク集
http://blog.golfdigest.co.jp/user/nulife/index1_0.rdf






このブログサービスは「ゴルファーズブログ」で運営しています。
GDOクラブ会員なら無料でご利用いただけます。

ラウンド 立山cc
[2010年08月13日(金)]

立山ccに行ってきました。
一番よく行くところです。

今回は弟の初ラウンドでした。
天気は曇りで小雨が2ホールほどでした。
夏の曇りはありがたいです。

スコアは、
37、41で78!
満足です。
特に前半は8番まで全てパー。
9番ロングでサードショットの距離を間違えてショート。
アプローチで2mまで行きましたがおしくも入らずボギー。
目標としているパープレーまであと一歩のところまでいきました。

後半も調子よく回っていたのですが、
1回いいかげんな気持ちでショットをしてしまいダブルボギー。
これがなければ満足度がさらにUPだったはずです。

フェアウェイキープが6/12、
パーオンが10/18でしたから
特別ショットがよかったわけではありません。
ティショットで大きなミスが無かったのは良かったです。
(ここはドライバーを使うホールが少ないこともありますが)

課題のパットは34パット。
寄せワンは2回で、ワンパットはこの2回だけ。
つまり、ノーバーディーです。
5m以内のバーディーパットは
6回あったのですがすべて入らず。

アプローチほぼワンパットでいけそうなところまでいっていたのですが、
結果は2/8。

やっぱり課題はパットです。
練習します。


弟の初ラウンド
60、56の116。
プレーイング4に助けられていましたが
ぼくが思っていたよりもまともにラウンドできていました。
特にショットでは目を見張るようなのを10回は打っていました。
ポテンシャルは高いのでは、と思いました。
練習してください。
スポンサードリンク

ラウンド 千里浜cc
[2010年08月05日(木)]

久しぶりのラウンドです。
最高気温36℃の猛暑でした。

千里浜ccは2年ぶりくらいの3度目で、
過去2回は冬のラウンドだったので暑い季節は初めてでした。

まずはスコア。
46、42の88でした…
OBとウォーターハザードは0、
パーオンは10/18でしたから
ショットはそこそこの出来でした。

ドライバーの調子はイマイチで、
数ホール林に入れてしまいました。

久しぶりのラウンド&暑さのため
冷静に運ぶことができず
さらなるトラブルになったケースも数ホール。
5打くらいは無駄にしました。
要反省です。

で、肝心のパットが41。
18ホールで1パットが0回です。
アプローチの出来があまり良くなかったこともありますが
それにしても打ちすぎです。
5メートルからも3パットしてしまうくらい距離感が無く、
1メートルも自信を持って打てないくらい入りませんでした。

言い訳としては、
「グリーンがとても重く、芝が長い分だけ目もきつかった。」

でもこれじゃ駄目です。
練習不足です。


よかったことは、
・猛暑のなか、4人とも無事にまわれた。
・安かった(セルフで5,500円)

以上。
スポンサードリンク

フェアウェイウッド変更@
[2010年05月06日(木)]

1年ほど前までは、
3Wは[sonartec SS-02]の15度、
5Wは[TaylorMade V-steel]の18度を使っていました。

現在は、3W、5Wとも[callaway xフェアウェイウッド06]に変更しました。
以前のセットもかなり気に入っていたのですが、
並行輸入ものが9,800円で売っていたので
つい購入してしまいました。

使ってみると確かに良い。
以前のセットよりも劇的に易しくなったわけではないけれども
(3Wに関してはsonartec SS-02の方が易しかったかも)
弾道が揃います。
シャフトのマッチングも問題ありませんでした。
1W、7Wともキャロウェイなので即セット変更となりました。
スポンサードリンク

FT-3 tourリシャフトA
[2010年04月26日(月)]

US fujikuraのFIT-ON(フィットオン) E350へのリシャフト後のスペックは
長さ:45inch重量:317g(鉛2g)、バランスD2、振動数266cpm
でした。
グリップはいつものゴルフプライド ツアーベルベット(重量50g)です。

クラブの総重量とバランスは狙った通りでしたが、
振動数は少し硬めに出てしまいました。
でも、ぼく程度の腕では気にならない範囲ということで。

リシャフト前後の変化は、
・右へミスしたときの曲がり幅が小さくなりました。
(かと言って左に行きやすくなってはいないようです)
・球の高さは同じか少々高くなりました。
と言ったところです。
打感に変化はありませんでした。

以前のFT-3もよかったですが、
より「フィット」した気がします。
スポンサードリンク

FT-3tour リシャフト
[2010年04月23日(金)]

ドライバーFT-3tourをリシャフトしました。
リシャフト前のシャフトは[ALDILA(アルディラ)NVS65]、
フレックスはstiffでした。
参考:重量68g、トルク3.8

以前にブログに書きましたが、
このシャフトは「しっかり、かつ粘る」
悪くはないのですが、FT-3がつかまりにくいヘッドであることもあって
気を抜くとスライス回転の強いボールになってしまっていました。

また、ヘッド重量が202〜204gなので
バランスがD4になっていて他のクラブとのバランスもどうかなと。

そこでリシャフト候補の条件は
「重量60g前後で、組上がりの振動数が260cpm程度になるもの」
でした。
当然、1本2〜3万円もするシャフトは眼中にありません。

で、見つかったのが、US fujikuraのFIT-ON(フィットオン) E350です。
58gのシャフトです。
いつものショップに相談したところ、
振動数も260cpm程度、バランスもD2程度になりそうとのことだったので決めました。
シャフト代金+工賃で10,000円弱です。

リシャフト後の写真、スペック、レビューなどは次回。
スポンサードリンク
| 次へ