GDOお得情報:
2007年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

X-Forged 試打レポート

2007年03月09日(金)
X-Forged with Project-X Flighted 5.5をレンジで打って来ました。

X-Tour with Project-X 6.0との比較です。

重量は5鉄で
X-Forged : 424g
X-Tour : 425g
とほぼ同じ。

バランスが、
X-Forged : D2.5±0.5
X-Tour : D3.5±0.5
と1ポイントX-Forgedの方が軽めに仕上がっています。

フレックスは
X-Forged : 5.5 (S Flex)
X-Tour : 6.0 (SX Flex)
少し柔らかめに仕上げました。

長さ、ライ角、ロフト角はまったく同じ設定。



振った感じ

重量はまったく同じなのだが、X-Forgedの方が軽く感じる。
バランスが1ポイント軽くなったせいか?
もしくは、フレックスを柔らかめにした影響か?
Project-X 6.0はほとんど撓りを感じなかったが、Project-X Flighted 5.5は十分に撓りを感じる。
撓りすぎるわけでもなく、程よい撓り感だ。

打った感じ

X-Tourよりもかなり柔らかい打感。
芯を少し外しても、手に戻ってくるビリビリ感が少ない。
球筋はショートアイアン、ミドルアイアンの球筋はX-Tourとほとんど代わりが無い。
5鉄から上の弾道がX-Tourに比べて高い。
といっても吹き上がるわけでもない。
高弾道で力強く飛んでゆく。
重心位置がX-Tourに比べて1mm低く設定されているらしい。
よって、高い弾道でも回転数が低い球が打てるのであろう。
そういう意味ではX-ForgedとProject-X Flightedの相性が良いように思える。

総評

X-Tourに比べて易しいクラブに仕上がった感じ。
ヘッドは難しくなったはずなのだが、シャフトの易しさがそれを上回っているようだ。
X-ForgedとProject-X Flightedの相性が良いのも易しさを引き出している。
球筋は全体的に高くなった感覚。
だが、回転数が少なくなっているせいか、風に強い力強い球が出ているようだ。

大満足
です!!

んが!!

X-Forgedは今日、惑星ダゴバの病院に入院した。

それは。。。。



この写真を見て頂くと判ると思われる。

ちょっと判りにくいかな。。。。

患部をアップにしてみよう。



シャフトが真っ直ぐ刺さっていない。。。。
写真では左下から右上に向かって刺さっている。
それによりソケットが歪んで付いている。

レンジで打った限りではこの影響は無かった。
というか、TONのレベルでは感じられなかった。

でも、気持ち悪い。。。。

全部、ばらして刺し直してもらうことにした。

X-Forgedはこれから何年か一緒に戦う戦友なのだ。
出来る限りのことはしておきたい。

退院は早ければ明日の予定。
明後日はデビューラウンドが待っている。

うーーーん、仲良くなる時間がまったくないなぁ。。。
でも、昨日のレンジでは彼はTONに好意的だったから。。。

何とかなるだろう!!

繊細なのかいい加減なのか自分が良く判らなくなってきた。。。。


TON @ アメリカ カリフォルニア ベイエリア
PR (詳細)
Posted by TON at 07:06

この記事の詳細

無料でダウンロードできる!!GDOゴルフ壁紙女子プロ応援コミュニティ参加中!
スペシャル リンク
Google
WWW を検索
「恍惚と失望の間」を検索
GDO ブログを検索
TONへのMail
ネットワーク (101)

このブログサービスは「ゴルファーズブログ」で運営しています。
GDOクラブ会員なら無料でご利用いただけます。